不動産の価格は一物四価といわれています。四価とは、公示価格、基準値標準価格、固定資産税評価額、路線価です。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

不動産の評価額は4つある!?

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の評価額は一物四価格といわれています。国土交通省が公示する公示価格、県が公示する基準値標準価格、市町村が評価する固定資産税評価額、国税庁が評価する路線価(相続税評価額)の四つの評価額があるからです。これらに加え、実際売買が成立した価格を入れて一物五価などとも言われます。

公示価格は取引の目安となる相場価格です。1月1日を評価基準日として3月下旬に公表されます。基準値標準化価格は、公示価格を補完する目的で公示されるもので、7月1日を評価基準日として9月に公表されます。固定資産税評価額は、固定資産税や都市計画税、不動産取得税などの課税標準として使われます。一般的に公示価格の約70%程度といわれています。ただし、実際の固定資産税などの計算にあたっては、居住用の土地については200まで固定資産税評価台帳価格の6分の1を課税標準とするなどの特例があります。また、固定資産税評価額は、1月1日を評価基準日として、3年に一回評価替えされます。路線価は、相続税や贈与税を計算するときの課税標準として使われます。一般的には、公示価格の80%程度といわれています。

それぞれの価格は、目的も閲覧できる場所も違いますので、不動産の調査をする場合や税金の試算をする場合には、それぞれの価格の意義をよく確認して上手に活用することが必要です。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.