人生のうちでもっとも手に入れたい不動産が家と土地であると考えるには、それなりの理由があると思います。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

もっとも手に入れたい不動産について

不動産の投資はやってみたいです。
人生のうちでもっとも手に入れたい不動産は、と聞かれたら、真っ先に家と土地、と答えます。賃貸暮らしをするというのがピンとこないこともあって、やっぱり自分の不動産を持っていないと人生を生きていくのがしんどいだろうな、と思ってしまいます。今まで親と一緒に親の建てた家に長年住んできたことから、自由に犬も飼えるし、家があることで周りからは一目置かれるところもあるしで、メリットの方が多かったと感じるからかもしれません。賃貸物件に暮らすのも気楽でよいのかもしれませんが、やっぱり住むなら持ち家かなと思います。

そういう思いがあるからこそ、人生のうちでもっとも手に入れたいのは、自分のものである、と言える不動産になるのでしょう。家はもちろん、その家が建つ土地も自分のものであることが絶対条件です。これによってたとえ家が年月を経てその価値を失ってしまったとしても、土地につく価値はずっと残ります。自宅は通りに面して建っているため、少なくとも奥まった住宅街の土地よりは良い値段が付くでしょう。今の家を手放して違うところに新たに不動産を買うにしても、まずは先立つものが必要ですが、それができる財産をすでに持っているというのはありがたいことだと思います。

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.