不動産とは地面に密着しているので動かすのが困難な不動状態になっている、住宅や植物などの事を指します。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

不動産の定義とそれに該当するもの

不動産の投資はやってみたいです。
不動産という表現を用いた時、通常は建物を指します。私たちが居住している住まいなどは、間違いなくそれに該当します。ただ、それには1つ特徴があります。「不動」という点です。これはしばしば物件の売買などにも関わってくるのですが、物には不動の物と動くものがあります。それには地面が関係してきます。

ご存知の通り、住宅は地面の上に建っています。そして地面に密着をしています。密着をしている以上、建物は地面から取り外すのは困難です。つまり建物は不動という訳です。また植物も同様です。植物も、地面としっかりと密着していて簡単には外すことができません。よって植物も不動産という事になります。なお植物の場合、昔からその土地に根付いている事が原則です。最近土地に植えた物は、不動とは見なされないケースもあります。しかし、動くものも沢山あります。例えば住宅の中にテーブルや椅子があるとします。当然それらは地面とは密着をしていないので、動かすことができます。そのような物は、「動産」と表現される事があります。ですので建物の中にあり動かすことができるものは、基本的には動産扱いになる訳です。しばしばこの動産か否かという点は、売買などに関係してくるものなのですが。いずれにせよ不動産とは地面に密着をしている物であり、動かすことが困難な物というわけです。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.