不動産の売買や仲介などを行う際は、宅地建物取引主任者という資格を取得している人に説明を受けるようになります。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

不動産会社にて契約をする際に。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産会社には、cと呼ばれる人が常にいるはずです。宅地建物取引主任者とは、不動産の売買や仲介の際に、物件についての重要事項を利用者に説明することを仕事とする人達のことをいいます。宅地建物取引主任者は宅建という資格を持っていて、その資格を持っている人でなければなることはできません。逆に言えば、宅建の資格を持っていない人が不動産についての重要なことを説明し始めた場合に、この不動産会社は信用できないな、と判断することができます。利用者に契約書へのサインを促したり、契約を実際に取りまとめることができるのも、この宅地建物取引主任者になります。そのため、説明を受ける際には、相手の人の名刺をいただき、本当に資格があるかどうか確認するようにしましょう。取引におけるトラブルは何としても避けたいところですね。

さて、宅建とはどういった資格のことをさすのでしょうか。宅建は国家資格であり、その種の仕事の実務経験が2年以上必要になります。そして、資格の有効期限は5年となり、それを過ぎると更新しなければならないようです。取得したら取得しっぱなし、という資格ではないため、資格取得者の人についてはある程度信用しても良いのかな、という風に思います。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.