老後に不動産を処分する人のニュースを見ました。その人は一軒家を売却して、マンションを購入していました。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

老後に不動産を売却する人のニュース

不動産の投資はやってみたいです。
私は最近、老後に不動産を処分する人が多いというニュースを見ました。その事について書きたいと思います。不動産にも種類がありますが、私が見たのは一軒家でした。一軒家を構える事は、あこがれの一つです。仕事をしている時は、勤務先から通える距離でないと不便なため、都会で一軒を建てることに何の疑問も持たなかったようです。しかし、老後の生活になると、この一軒家をどうするのか悩むようになったようです。なぜならば、子供たちも独立して一軒家で暮らしてくれる人がいない事や、一軒家がバリアフリーでない事が気になり始めたそうです。

そこで、思い切って一軒家を売却することにしたのです。その資金を基に、新しくマンションに住む事にしました。賃貸だったか、購入したのかは忘れました。しかし、今まで住んでいた都会ではなく、少し郊外の土地を選んだことで、資金的には十分に余裕があったと言っていました。一軒家は広く、夫婦2人の生活ではもてあましていましたが、マンションにすることで快適な生活を手に入れたそうです。また、付近にはスーパーや病院、交通の便がよい土地を選んだことや、バリアフリー設計のデザインを選んだことで、歳を取っても安心だと言っていました。このような不動産の活用方法もよいなと感じました。

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.