不動産業者は、住宅を売りたい、借りたい、貸したい、借りたいの要望を仲介してそれを実現する業者です。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

不動産業者の仲介業務とはどのようなものか

不動産の投資はやってみたいです。
住宅を買ったり売ったり、また、借りたりする場合には、通常、不動産業者に仲介に入ってもらいます。不動産の場合には、動産のような、一般に同種同等で多量に取引が可能といった性質がなく、かつ、移動することが難しいという性質があるために、専門の仲介業者に依頼しないと、物件自体を見つけにくいのです。住宅を売りに出す場合には、業者と媒介契約を結んで、買い手をみつけてもらうことになります。その一方で、買い手の方は業者に欲しい物件の条件を与え、業者に探してもらうことになります。登録物件の中に条件に見合うものがない場合には、新たな売り手が出てくるのを待つ場合もあります。

一方、不動産業者は賃貸物件の仲介もしており、この場合には、物件の所有者すなわち大家に依頼を受けて借り手を探すことになります。街中の不動産業者のウィンドウには所狭しと賃貸物件が並んでいるのをみかけます。もちろんそれだけではなく店内は賃貸物件の宝庫です。めぼしい物件がなかった場合には、条件に合った物件が出てきた場合に連絡をくれることもあります。

ところで不動産業者は仲介によって得られる手数料によって業を営んでいますが、形の上では、売り手と買い手、貸し手と借り手それぞれ双方のために仕事をしていることから両者から仲介手数料をとってもよさそうですが、実質的には、ひとつの物件を扱っているに過ぎないので、売り手や貸し手だけから手数料をとることが多くなっています。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.