不動産の価格の算出方法には、原価法・取引事例比較法・収益還元法があり、これらを併用して評価額を算出します。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

不動産価格の算出方法は原価法、取引事例比較法、収益還元法

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の価格の評価方法には三つの方法があり、通常はその三つの方法を併用して評価を行います。原価法と取引事例比較法と収益還元法です。原価法とは、その不動産を新品で買いなおした場合の価格である再調達価額から、古くなって価値が減った分の減価修正をして、その不動産の価格を求める方法です。

次に取引事例比較法ですが、調査対象の不動産と場所が近い、環境が似ている、面積がほぼ同じなどの実際に過去に取引が成立した事例をピックアップし、適正な取引を抽出したうえで、それらの取引と調査対象と違う点を修正していく方法です。たとえば、抽出した事例が1年前の取引であれば、その後の一年間の価格変動の影響を加味したり、取引事例が角地であれば、角地でない調査対象との違いを修正したりします。これらを時点修正や事情補正といいます。

最後に収益還元法です。収益還元法とは、その不動産が将来生み出すキャッシュフローに着目し、そこからその不動産の価値を導き出す方法です。将来生み出すキャッシュフローとは、1年後、2年後、3年後に入ってくる家賃から経費を引いた純収益や、3年後などに物件を売却して投資前の状態に戻る場合のその物件の予想売却価格などをさします。この収益還元法の一つとしてDCF法(ディスカウントキャッシュフロー法)があります。また、この収益還元法は、実際に賃貸されていなくても、仮に賃貸されたとしたらと仮定することで、活用することができます。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.