建物と土地という不動産は個別に所有権が発生することから、土地の借り手との間で法律問題となるケースが多い。

不動産の投資はやってみたいです。
不動産の投資はやってみたいです。

建物と土地という不動産と法律

不動産の投資はやってみたいです。
住まいの基盤となる住宅。その住宅は、建物およびその敷地で構成されています。建物と敷地はどちらも不動産で、その法律構成は少々複雑です。というのも、住宅としての建物およびその建物が建っている敷地すなわち土地は別々の不動産として構成されているために、それぞれ別々の所有権が付加されているのです。所有権は物権の中では万全かつ完全なものとして民法上定義されています。そこで、土地を借りて、その上に建物を所有した人と、土地の所有者の関係が問題となるケースが出てきます。この場合、人から物を借りるという場合に成立するのが賃借権です。賃借権は債権で、一般に物権に比べその力は劣ることが知られています。

しかし、高価な建物を、借りた土地上に建築し、かつ、そこに長期間、場合によっては一生、永代住む予定であった場合には、土地の所有権者の土地活用と抵触する場合があります。賃借権と所有権の場合には後者が優遇するという原則をかかげてしまえば、土地所有者の自由気ままな土地利用を許してしまい、その結果、土地賃借人は建物撤去土地明け渡しを余儀なくされてしまいます。しかし、生活の基盤という重大な利益を考えれば、このような場合には賃借権に特別の優遇措置があってしかるべきです。法律上もそれをかんがみて、土地の賃借人を保護することにしています。

新着おすすめ

Copyright (C)2017不動産の投資はやってみたいです。.All rights reserved.